9人制バレー

9人制バレーは日本でメジャーなスポーツのようです。世界的にはあまりメジャーではないそうです。当初1チーム16人で始まったバレー。だんだん1チームの人数が減って、9人制に落ち着いたようです。今ではママさんバレーと言われる家庭婦人バレーボールや、年配の男女の間で特に人気です。

6人制バレーとはルールも違います。コートの広さは女子では6人制と同じですが、男子は10.5メートル四方です。1.5メートル広いです。また、サーブはネットインがNG。ただ、1回は打ち直しできます。テニスのフォルト・ダブルフォルトのようなルールになっています。ポジションやローテーションはありません。なので、9枚ブロックもできます(笑)。ブロックでのタッチは1カウントです。ブロックでのオーバーネットは反則。ネットにボールがあたった場合は、4回で返せばかまいません。

男性の場合、すごくサーブに気を使います。6人制と違いかなり遠いので、相手コートに届くまでに威力が落ちます。また、女性の場合は、ひとり1メートル四方を守ればいいという計算になるので、なかなかボールが落ちません。ラリーが長くなる傾向があるので、スタミナが必要です。