バックプレイ

後衛の選手が前衛の選手のようにプレイすることです。多いケースは、バックアタックのときに、アタックラインを踏んでしまうことです。踏み越えなくても、少しでもシューズがラインにかかると反則となります。

リベロがアタックラインよりも前でオーバーハンドでトスを上げるのもバックプレイとして扱われます。なので、リベロがトスを上げるときは、アタックラインよりも後ろで上げるか、アンダートスにしないといけません。アンダーハンドでのトスは、ボールに回転がかかったり高くなりすぎたりして、アタッカーが打ちにくいトスになることも多いので要注意です。

男子選手の場合、リベロの選手がアタックラインよりも後ろで踏み切ってオーバーハンドでジャンプトスをしているシーンをよく見ます。斜めに飛びながらのトスになるので安定しづらく、上級テクニックですね。