ダブルコンタクト・ドリブル

ダブルコンタクトとは同じプレイヤーが2度続けてボールに触ることです。旧名称がドリブルということのようです。

明らかに2回触る以外に、オーバーハンドトスをしようとして、ミスをしてくるくるとボールが回転したときや(もげる、と言われることがあります)、2人のプレイヤーがぶつかってボールに触ったときなどにもダブルコンタクトとなります。

例外もあります。自分でブロックをした後に触ってもOKです。また、サーブレシーブやスパイクレシーブのときに1つの動作内で2回体に触れても反則にならないことがあります。レシーブなど1回目のプレイなら、ダブルコンタクトを取られることはほぼないと思って構わないでしょう。