キャッチボール・ホールディング

キャッチボールとはボールを持つ反則のことです。わざとボールを長く持つことはあまりありませんが、キャッチボールが起きやすい状況は3つあります。

1つ目は、フェイントをするときです。あまりにコースを狙ったり、そっとフェイントをしたいときに、ついボールを持ちすぎてしまうことがあります。

2つ目は、ブロックカバーをするときです。アンダーハンドのとき、特に肘の内側にボールが当たってしまうと衝撃が吸収されて反則になることが多いです。

3つ目は、もう少しで追いつけるレシーブやカバーをするときです。手をグーの形ですくい上げるのは問題ありませんが、手のひらですくい上げると、例えしっかり弾いていたとしても反則になることがあります。