宮下遥

1994年9月1日、三重県生まれ。

小学校1年生からバレーを始め、高校では大阪の名門大阪国際滝井高等学校に入学。一方で、中学校在学中に岡山シーガルズに内定したので、高校の部活動はしていないようです。

15歳2か月でVプレミアリーグにデビュー。史上最年少記録を樹立しました。Vプレミアリーグデビューの翌年2010年には全日本登録メンバーに選出されました。15歳での選出は史上4人目ということです。

絶対的なセッターだった竹下佳江引退後、セッターは群雄割拠の状態が続いていますが、宮下遥がもっとも近い位置にいることは間違いないと思います。サーブ良し、レシーブ良し、ブロック良し。あとはもう少しトスの精度が上がれば言うことありません。特にライト側へのトスと、バックアタックのトス。この2つですね。

また、現状では、センターブロックに飛んでからトスを上げるというとても厳しいなプレイを求められています。疲労も半端じゃないと思います。だからこそ、サブセッターとの上手な使い分けが大事になってくると思いますね。

あと、一部では、『ジブリの主人公っぽい』と話題になっています(笑)。