中田久美

1965年9月3日、東京都生まれ。

中学校からバレーを始め、15歳で全日本入り。その当時はセンタープレイヤーだったそうです。当時の全日本監督の山田監督の指示でセッターに転向。セッター転向わずか1年で名門日立のレギュラーを獲得。センスと努力の賜物ですよね。

バレーに集中するために、高校は通信制高校にしたほどです。

1983年から全日本の正セッターに選ばれ、アジア選手権で当時世界一だった中国を破りました。1984年のロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得。

全日本のキャプテンを努めます。その年、右膝前十字靭帯断裂という大怪我をしたものの、10か月後には復帰。1988年のソウルオリンピックに出場します。

1992年のバルセロナオリンピックにも出場。全日本女子バレー史上初の3大会出場を果たします。しかも、日本選手団の旗手も務めました。

その後、現役引退や復帰、日本バレーボール協会の強化委員を経て、2008年にはイタリアセリエA、ヴィチェンツァのコーチに就任しました。2009年にはノヴァーラのアシスタントコーチに就任。

満を持して2011年には日本球界に復帰。久光製薬のコーチに就任し、2012年に監督に。監督1年目から、皇后杯・Vプレミアリーグ・黒鷲旗に優勝し、女子チーム初の3冠を達成しました。しかも国体も優勝しています。