佐野優子

1979年7月26日、大阪府高槻市生まれ。

小学4年生からバレーを始め、中学時代はさわやか杯に出場。大阪で選出されるところから、もう素質の高さが伺えます。高校は名門の京都北嵯峨高校。インターハイ3位になりました。

高校卒業後は、ユニチカ→東レ→RCカンヌ(フランス)→久光製薬→イトゥサチ(アゼルバイジャン)→ガラタサライ(トルコ)→ボレロチューリッヒ(スイス)→デンソー、と世界を転々として、自慢のレシーブに磨きをかけました。どのチームでも主力。これだけのリベロは今後もなかなか出てこないでしょうね。

2000年には全日本に初選出。しかし、2004年のアテネオリンピックには出場できませんでした。その後、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドンオリンピックでは全日本メンバーに選出され、ロンドンオリンピックでの銅メダルの立役者になりました。

世界トップレベルのリベロとして、数々の賞を受賞しています。

2003年 - バレーボール第9回Vリーグ サーブレシーブ賞、ベストリベロ賞
2006年 - 欧州チャンピオンズリーグ ベストリベロ賞
2007年 - 2006-07Vプレミアリーグ ベストリベロ賞
2007年 - AVCアジアクラブ選手権 ベストレシーバー賞
2007年 - アジア選手権 ベストレシーバー賞
2007年 - ワールドカップ ベストレシーバー賞、ベストディガー賞
2008年 - 2007-08Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞、ベストリベロ賞
2008年 - バレーボールワールドグランプリ2008 ベストリベロ賞
2009年 - 2008-09Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞、ベストリベロ賞、ベスト6賞、敢闘賞
2010年 - トリノ国際 ベストリベロ賞
2011年 - ワールドカップ ベストディガー賞[8]
2012年 - 上月スポーツ賞[1]
2013年 - 欧州チャンピオンズリーグ ベストレシーバー賞
2014年 - ワールドグランプリ2014 MVP・ベストリベロ賞

日本の賞だけではなく、ヨーロッパでも受賞しているのがすごいですね。