タッチネット

タッチネットはネットに触る反則です。ただ、以前よりも条件が緩和されて、1つのプレイ中にネットの一番上の白帯やアンテナを触ったときに反則になります。なので、極端な話をすると、関係ないところで、ネットの中段をいくら触っても反則にはなりません。ただ、プレイの妨害をすると反則になります。例えば、味方がスパイクを打つときに、ネットを引き下げるとか。普通のプレイでは出ないですけど(笑)。

最もタッチネットが起きやすいのが、ブロックのときです。ブロックでは相手のコートまでめいっぱい腕を伸ばします。そのときに触れることが多いです。ダイレクトスパイクや、両手で押しこむときに力を入れすぎると触ってしまうことがあります。

また、セッターがネットを超えそうなレシーブをトスにしようとするときにも起きやすい反則です。