ワールドグランドチャンピオンズカップ

バレーボール4大大会のひとつ、ワールドグランドチャンピオンズカップ。初めての開催は1993年。とても歴史が浅い大会です。もともと、低迷した日本が世界に挑戦する大会として始まったようです。なので、開催国は日本です。

オリンピックの翌年に行われるということで、あまり注目度は高くないのかなと思います。そのため、大きなルール改正を考えているとき、試験的に使われることもあるそうです。1997年大会ではリベロが採用されて、今まで継続されています。当初は批判も多かったですが、今では背が低くても世界で勝負できるという夢を与えたり、特にレシーブのいい日本チームの守備力がさらに強化されるといういいシステムになっていると思います。

男子大会では特にブラジルが強く、今まで最も多くの金メダルを獲得しています。逆に女子は群雄割拠状態。各国の最大の目標であるオリンピックの直後に開催されることと無関係ではないかもしれませんね。